DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.53 No.3 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/72

Title: 心身医学の現状と最新の知見
Other Titles: PRESENT CONDITION AND NEWEST KNOWLEDGE OF PSYCHOSOMATIC MEDICINE
Authors: 竹川, 隆
山本, 浩
笹田, 徹
辻, 幸余
野口, 隆一
河口, 剛
木地村, 麻衣子
Keywords: psychosomatic medicine
bio-psycho-socio-ethical model
diagnostic criteria of psycosomatic disease
immune-neuroendocrinology
stress and gene
Issue Date: 30-Jun-2002
Publisher: 奈良医学会
奈良県立医科大学
Citation: Journal of Nara Medical Association Vol.53 No.3 p.139-151
Abstract: 心身症という概念には,心理社会的背景,性格要因,行動特性のように客観的には評価しにくい要素があるが,その点を踏まえ理解されるよう努力が進んでいる。また,医学の進歩により,心身相関の一部は解明されつつある。効率が最優先される今日,ますます全人的医療を実践しようとする心身医学の重要性,必要性が増している。心身症の診断,心身症の治療,死の臨床・緩和ケア,小児の心身症,ストレス・情動と神経・免疫・内分泌,心身症(ストレス)と遺伝子に分けて現状,最新の知見を紹介する。
URI: http://hdl.handle.net/10564/72
ISSN: 13450069
Appears in Collections:Vol.53 No.3

Files in This Item:

File Description SizeFormat
139-151p.心身医学の現状と最新の知見(竹川隆ほか).pdf1.29 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback