DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.53 No.1 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/44

Title: 糖尿病性腎症治療のエビデンス
Other Titles: DIABIETIC NEPHROPATHY AND EVIDENCE-BASED MEDICINE
Authors: 金内, 雅夫
Keywords: angiotensin-converting enzyme inhibitor
antihypertensive therapy
diabetic nephropathy
evidence-based medicine
Issue Date: 28-Feb-2002
Publisher: 奈良医学会
奈良県立医科大学
Citation: Journal of Nara Medical Association Vol.53 No.1 p.11-17
Abstract: 糖尿病性腎症治療の3本柱は,血糖管理,降庄療法ならびに蛋白制限食といわれている。とくに,血糖管理と降庄療法の有効性は,1990年代の後半から大規模臨床試験に基づくエビデンスの集積が著しい。また,正常血圧例に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬の腎保護作用も注目されている。さらに最近,アンジオテンシンーⅡ受容体遮断薬の治療効果が確認され,糖尿病性腎症の治療は新たな進歩を遂げつつある。本総説では,糖尿病性腎症治療の最新のエビデンスを紹介する。
URI: http://hdl.handle.net/10564/44
ISSN: 13450069
Appears in Collections:Vol.53 No.1

Files in This Item:

File Description SizeFormat
11-17p.糖尿病性腎症治療のエビデンス(金内雅夫).pdf614.73 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback