DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
02 奈良県内医療機関・医学協会 >
021 奈良県臨床細胞学会 >
0211 学術雑誌 >
02111 奈良県臨床細胞学会雑誌 >
第19号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/3679

Title: 喀痰LBC標本の有用性 : 感染症診断の観点から
Authors: 龍見, 重信
西川, 武
鈴木, 久恵
竹内, 真央
田中, 京子
大林, 千穂
Keywords: 感染症
喀痰
LBC標本
直接塗抹標本
粘液融解剤
Issue Date: Dec-2018
Publisher: 奈良県臨床細胞学会
Citation: 奈良県臨床細胞学会雑誌 第19号 p.1-6 (2018.12)
Abstract: Liquid based cytology(以下、LBC)法は、婦人科をはじめ、様々な領域でスクリーニングに広く使用されているが、免疫染色や特殊染色への応用にも有用であり、診断成績の向上に寄与することが示されている。しかしながら、喀痰細胞診では、粘液成分の存在からLBC標本の作製が困難とされており、標本作製技術が確立していない。今回我々は、喀痰の粘液融解作用を有する(±)-ジチオトレイトールdithiothreitol(以下、DTT)を用い、BD SurePath™法において作製した喀痰LBC標本から感染症診断に寄与できた4症例を経験した。いずれの喀痰LBC標本においても、細抱学的形態の特徴は直接塗抹標本と同様であった。これより、喀痰検体でのLBC法による標本作製は感染症の推定に寄与する可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10564/3679
ISSN: 24347248
Appears in Collections:第19号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
01-06p..pdf7.23 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback