DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.55 No.4-5 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/244

Title: 脳腫瘍における遺伝子変異の解析
Other Titles: GENETIC ALTERATIONS IN BRAIN TUMORS
Authors: 中村, 光利
小西, 登
榊, 寿右
Keywords: primary glioblastom
secondary glioblastoma
oligodendroglioma
diffuse astrocytoma
Issue Date: 31-Oct-2004
Publisher: 奈良医学会
奈良県立医科大学
Citation: Journal of Nara Medical Association Vol.55 No.4-5 p.205-211
Abstract: 多形性膠芽腫(glioblastoma, WHO grade Ⅳ)の発生には臨床経過並びにp53, EGFR 等の遺伝子異常の検索から,de novoに発生するprimary glioblastoma(WHO grade Ⅳ)と, 星状細胞腫(diffuse astrocytoma, WHO grade Ⅱ)や退形成星状細胞腫(anaplastic astrocytoma, WHO grade Ⅲ)から悪性転化してsecondary glioblastoma(WHO grade Ⅳ)に 至る2通りの経路があることが明らかとなってきた。著者らはprimary glioblastomaと secondary glioblastomaにおける既知および未知の遺伝子変異をジェネティックおよびエピ ジェネティックの両面から解析し,形態的には類似した多形性膠芽腫であっても,その原因遺 伝子は異なったものであることを立証してきた。また,diffuse astrocytomaと乏突起神経膠腫 (oligodendroglioma, WHO grade Ⅱ)との鑑別や,神経膠腫(glioma)の中での悪性度の評価な ど組織形態学だけでなく,遺伝子解析による分子病理学的な観点からその発生メカニズムの検 討と治療への応用をめざし多くの報告がなされてきている。これらgliomaを中心とする脳腫瘍 において,我々がこれまで検索してきた遺伝子変化を紹介するとともに,脳腫瘍の発生や悪性 転化,再発においてどのようにこれらの遺伝子変異が関わるのか,臨床病理学的な側面を加え て検討した。
URI: http://hdl.handle.net/10564/244
ISSN: 13450069
Appears in Collections:Vol.55 No.4-5

Files in This Item:

File Description SizeFormat
205-211p.脳腫瘍における遺伝子変異の解析.pdf790.58 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback