DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.55 No.3 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/234

Title: エビデンスに基づいたネブライザーおよび加湿器の院内感染対策
Other Titles: EVIDENCE BASED NOSOCOMIAL INFECTION CONTROL OF NEBULIZER AND HUMIDIFIER
Authors: 勝井, 則明
Keywords: nebulizer
humidifier
nosocomial infection
Issue Date: 30-Jun-2004
Publisher: 奈良医学会
奈良県立医科大学
Citation: Journal of Nara Medical Association Vol.55 No.3 p.133-150
Abstract: 呼吸器疾患の吸入療法に使用されるネブライザーは微生物汚染を受けやすく、院内感染 の医原性因子となることが知られている。また、入院患者のベッドサイドなどで使用されてい る加湿器も、ネブライザーに類似の機器であるため、同様の問題点を共有している。本稿は、 ネブライザーおよび加湿,器の微生物汚染に関し、これまでに報告された国内外の文献および筆 者らの研究結果を整理し、院内感染例、微生物汚染の実状、および汚染防止対策などについて 概説する。
URI: http://hdl.handle.net/10564/234
ISSN: 13450069
Appears in Collections:Vol.55 No.3

Files in This Item:

File Description SizeFormat
133-150p.エビデンスに基づいたネブライザーおよび加湿器の院内感染対策.pdf2.12 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback