DSpace DSpace Softwareについて
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.55 No.3 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10564/234

タイトル: エビデンスに基づいたネブライザーおよび加湿器の院内感染対策
その他のタイトル: EVIDENCE BASED NOSOCOMIAL INFECTION CONTROL OF NEBULIZER AND HUMIDIFIER
著者: 勝井, 則明
キーワード: nebulizer
humidifier
nosocomial infection
発行日: 2004年6月30日
出版者: 奈良医学会
奈良県立医科大学
引用: Journal of Nara Medical Association Vol.55 No.3 p.133-150
抄録: 呼吸器疾患の吸入療法に使用されるネブライザーは微生物汚染を受けやすく、院内感染 の医原性因子となることが知られている。また、入院患者のベッドサイドなどで使用されてい る加湿器も、ネブライザーに類似の機器であるため、同様の問題点を共有している。本稿は、 ネブライザーおよび加湿,器の微生物汚染に関し、これまでに報告された国内外の文献および筆 者らの研究結果を整理し、院内感染例、微生物汚染の実状、および汚染防止対策などについて 概説する。
URI: http://hdl.handle.net/10564/234
ISSN: 13450069
出現コレクション:Vol.55 No.3

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
133-150p.エビデンスに基づいたネブライザーおよび加湿器の院内感染対策.pdf2.12 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください