DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
014 附属図書館 >
051 雑誌論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/1870

Title: 開設後3年経過した闘病記文庫の現状と課題
Authors: 鈴木, 孝明
Keywords: 闘病記
医学図書館
Narrative-Based Medicin
図書館サービス
蔵書構築
Issue Date: 31-Jul-2011
Publisher: 日本薬学図書館協議会
Citation: 薬学図書館 第56巻第3号 p.245-248
Abstract: 奈良県立医科大学附属図書館では,医学科学生の要望を契機に, 2008年3月に「闘病記文庫」を開設し丸3年が経過した。それは患者の気持ちを知る身近な教材としての闘病記を収集し,病名別に分類・配架したものである。闘病記文庫設置により, 闘病記の貸出冊数が飛躍的に増加したが,医学科学生の利用は看護学科学生に比べてまだまだ少ない。不十分な冊数,受入基準の不備など課題もいくつかあげられるが,年次的な解決に努め,闘病記文庫の利用を活性化していきたい。
Description: 本稿は,闘病記研究会シンポジウム(2011年2月 5日航空会館)で発表した内容に加筆修正したものである。
URI: http://hdl.handle.net/10564/1870
ISSN: 03862062
Appears in Collections:051 雑誌論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
薬学図書館_56(3),_p.245-248.pdf3.84 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback