DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01123 奈良県立医科大学医学部看護学科紀要 >
Vol.07 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/1510

Title: 看護師と重要な他者のソーシャル・サポートの互恵性
Other Titles: The reciprocity of social support between nurses and their significant others
Authors: 堀江, 尚子
Keywords: 衡平性
過剰利得
過少利得
感情状態
バーンアウト
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 奈良県立医科大学医学部看護学科
Citation: 奈良県立医科大学医学部看護学科紀要 Vol.7 p.8-15
Abstract: 本研究は看護師のソーシャル・サポートの授受、その互恵性と感情状態、バーンアウトの関係を質問紙調査によって検討したものである。個人がソーシャル・サポート受容者であると同時に提供者であるという視点から、供与サポートと受容サポートの互恵性における感情状態に注目した。周囲の重要な他者として友人、家族、同僚を設定した。ストレスの多い仕事といわれる看護師にとって、相互関係としてのソーシャル・サポートの認知とそのやり取りに伴う感情、バーンアウトの関係を検討した。衡平理論をもとに分析した結果、サポートの平衡状態が負担感、満足感、負債感に直結するのは同僚との関係だけであり、家族と友人にはあてはまらなかった。同僚との間でサポートの過少利得状態になると負担感を感じ、ストレスを強めバーンアウトに影響があるといえた。看護師は未婚の時は家族からサポートを得ることが多いが、結婚後は家族に対してサポートを与えることの方が多い。しかし、そのことは直接的に負担感を募らせるものではないという結果であった。
URI: http://hdl.handle.net/10564/1510
ISSN: 13493884
Appears in Collections:Vol.07

Files in This Item:

File Description SizeFormat
8-15P.看護師と重要な他者のソーシャル・サポートの互恵性.pdf1.19 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback