DSpace About DSpace Software 日本語
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.56 No.2 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10564/129

Title: 医学教育論 教育原理,成人教育学,専門家(プロフェショナル)教育理論より医学教育を考える
Other Titles: MEDICAL EDUCATION BASED ON EDUCATION THEORY, ADULT EDUCATION AND PROFESSIONAL EDUCATION
Authors: 森田, 孝夫
Keywords: education theory
adult education
professional education
Issue Date: 30-Apr-2005
Publisher: 奈良医学会
奈良県立医科大学
Citation: Journal of Nara Medical Association Vol.56 No.2 p.81-90
Abstract: 日本の医学教育は従来,時間制で全科目必修であったが,現在は原則単校訓で科目の改変再編が顕著に進み,基礎・社会・臨床医学のみならず教養科目との統合(インテグレーション)が進行している。また,新しい教育原理や成人教育学理論に基づいて,教授方法も講義から少人数チュートリアルなどによる問題基盤型学習(PBL-tutorial)へ,また,プロフェショナル教育理論に基づいて,臨床実習も見学型から診療参加型のクリニカル・クラークシップヘと移行しつつある。また,個々の大学の多様性を盛り込んだ特色あるカリキュラムの採用が進んでいる。このような変革の時代にあって,改革の方向を正しく見据えて対処するためには,教育改革の根底にある教育理論を理解することが重要と考えられる。現在進行している教育改革を教育原理,成人教育学,専門家教育論などの教育理論から概説する。
URI: http://hdl.handle.net/10564/129
ISSN: 13450069
Appears in Collections:Vol.56 No.2

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004166129.pdf800.4 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback