DSpace DSpace Softwareについて
 

GINMU >
01 奈良県立医科大学 >
011 医学部 >
0112 紀要 >
01121 Journal of Nara Medical Association >
Vol.60 No.5-6 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10564/1096

タイトル: 担癌患者に見られる脳梗塞
その他のタイトル: ISCHEMIC STROKE IN CANCER PATIENTS
著者: 川原, 誠
上野, 聡
キーワード: cerebral infarction
stroke
cancer
nonbacterial thrombotic endocarditis
発行日: 2009年12月31日
出版者: 奈良医学会
奈良県立医科大学
引用: Journal of Nara Medical Association Vol.60 No.5-6 p.123-135
抄録: 脳梗塞の原因として悪性腫瘍は非常に重要であり,担癌患者に見られる脳梗塞は 大きく三つに分類される.第一に腫瘍自身による圧迫や閉塞,第二に血小板や凝固機能異常を 介した血管閉塞,第三に化学療法や放射線療法などの治療に合併する脳梗塞である.それぞれ の診断の要点と特徴について簡単にまとめた.担癌患者における脳梗塞は,各ステージで様々 な原因が重畳してくるため,非常に複雑な病態を形成しており,正確な診断と各科連携による 総合的な治療方針の決定が必要である.
URI: http://hdl.handle.net/10564/1096
ISSN: 13450069
出現コレクション:Vol.60 No.5-6

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
123-135p.担癌患者に見られる脳梗塞.pdf2.25 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください